1/26 第8回コナチャレフィードバック会

1/26は8回目のコナチャレフィードバックでした。

3ヶ月に1回なので丸2年。

そして怪我で自分の気分はどんより。

 

  1. 卒業、そして昇格
  2. なんで怪我をするの?
  3. こまめに身体をチェックする

 

コナチャレ

 

関連:コナから逆算したら怪我をした

 

1. 卒業、そして昇格

去年コナスロットを獲得した3名が卒業となり、

新たにフレンドの猛者3名が昇格となりました。

おめでとうございます!

 

自分も早く獲りたい。

 

MAKE KONA CHALLENGE

2020 KONA行きメンバーが卒業し、3名が新たにレギュラー昇格!

 

2. なんで怪我をするの?

近況をざっくりまとめるとこんな感じです。

  • 10, 11月:低強度で量重視のトレーニング
  • 12月:中強度のトレーニングに移行
  • 年末:アキレス腱が痛くなる
  • 1月:療養

 

さほど無理した実感はありませんが疲労が蓄積しての怪我。

低強度だろうと疲労は溜めすぎてはいけないと初歩的な学びを得ました。

今後は数字を追わずに回復を重視して練習していきます。

 

それに対してのフィードバックは、

 

疲労を蓄積しないこともひとつだが、

なぜそこが痛くなるのか、故障の原因があるはず。

 

とのこと。

 

痛くなるのは弱い部分か、弱い部分をかばっているところ。

どのみち原因の特定と対策が必要です。

 

仮説ではありますが今回の怪我は、

 

ランの疲労で左の腸脛靭帯が気になる

→ 無意識にかばって右アキレス腱に負担がかかる

 

という構図だった可能性があります。

その場合、腰回りの筋肉の柔軟性を高める、補強する、など対策が取れます。

疲労を溜めない以外にやれることがある。

たしかに。

 

3. こまめに身体をチェックする

疲労感は数字で簡単に表せないため、感覚に頼ることになります。

そのためには身体の調子をこまめにチェックすることが大切だといいます。

日常から身体を動かして違和感がないことを確かめておきます。

首や肩を回したり、腰をひねったり、ハムを伸ばしたり。

身体の調子はどこでもできる動作である程度察知することができます。

練習で無理しないのも大事ですが、練習前から身体の状態を知っておくことだってできます。

 

まとめ

そろそろ結果を出さないと、と焦りつつも、

今年はとにかく怪我しないことを第一テーマにします。

無事是名馬。

 

コナチャレ

 

関連:コナから逆算したら怪我をした

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です