4/14 IRONMAN 70.3 Liuzhou レースレポート後編

前編からの続きです。

あとは走るだけ。

頑張れ自分。

 

  1. ラン
  2. ケアンズに向けて
  3. パーティー

 

IRONMAN 70.3 Liuzhou

 

前編はこちら

 

1. ラン

トランジションエリアに戻ってくると、既にバイクだらけ!

ざっと50台くらいはあるな、、

 

20%くらいがM30-34だとすると、、

年代10位くらいか。

ランでどこまで上げられるか。

 

バイクをラックにかけて、ランバッグを取り、テントへ駆け込みます。

ヘルメットとバイクシューズ、靴下を脱ぎ、濡れていない靴下とランシューズを履き、ゼッケンベルトをつけ、ジェル4本を掴んで、サングラスは、、今日はいらない!

 

ランバッグを預けて最後のハーフマラソンへ出発です。

最初の入りはキロ4:10.

今日はこれを保とう。

 

20秒程走ったところで、テントから出てきた後ろの人にすごい勢いで抜かれます。

この人キロ3:45くらいかな、、

こんな速い人たちと戦うのか、、

同じ年代でないことを祈ろう。

 

掴んだジェル4本のうち、2本を背中のポケットに入れ、2本はさっそく飲みます。

さて今日はどれくらいのペースでいけるかな。

 

最初の2kmをキロ4:10を目安に刻んだところ、心拍数175bpmの表示。

これは上がりすぎ、、!

21kmも持たない心拍数。

もっと落とした方が良いのか、、

 

ただ体感ではかなり余裕があります。

腕時計の光学心拍系は練習でも狂うことがあり、どちらを信じれば良いのやら。

突っ込みすぎて後半潰れることは避けたいので、キロ4:10を目安に10km地点までいくことにします。

 

しばらく経っても心拍数は変わらず175bpm前後。

体感は余裕あり。

どうせきつくなるから10kmまでは我慢。

上げずに淡々と我慢の走りをしていきます。

 

沿道の人達がたくさん声をかけてくれます。

”加油ー!加油ー!”

 

抑えての走りなので、応援に応えて手を振り返します。

余裕があるのもきっと今のうち、、

 

そうこうしているうちに2周回の1周が終わります。

10km地点、まだ元気。

 

今日は体感を信じてペースを上げよう。

キロ4:00にペースアップし、残りのジェル2本をここで投入します。

 

14km地点。

まだ”加油!”に応える余力があります。

思い切ってキロ3:50にペースアップ。

これは良い強度!

 

徐々に体感もきつくなってきた。

けれどあと30分弱走ればレースもおしまい。

振り絞ろう。

 

終盤はコーラを投入しつつ耐えます。

 

前のあの人は抜かす、、

次に見えるあの人も抜かす、、

その先も、、

と自分を鼓舞し続け、街中に戻ってきたところでラストスパート!

雨の長旅もようやく終わりを迎えます。

 

ゴール!!

いやあよく走った。

 

ラン 21km

1時間23分16秒 (3’57″/k)

年代別6位

 

いやあよく走った。という顔

 

2. ケアンズに向けて

気になる結果は、、

 

4時間23分37秒

年代別10位

総合20位(プロ除く)

 

タイム的には正直会心の出来ですが、年代順位はまだまだです。

 

年代別1位:3時間58分44秒 → コナ辞退

年代別2位:4時間4分21秒 → コナゲット

  |

年代別10位:4時間23分37秒 → 自分の会心のタイム

 

今回M30-34のコナスロットは1枠だったため、

コナを獲得するためには20分の短縮が必要です。

 

20分、、

スイム、バイク、ラン、それぞれ5分縮めてもまだ5分足りない、、

生まれ変わらないと勝負できなそうです。

世界は広い。

 

20分短縮は厳しいとしても、改善できそうなところはこの辺りです。

  • 滑りやすいところで急がない
  • スイムは実力より一段前のウェーブでスタートしてパックに乗る
  • パワーメーターと光学心拍計は狂わない機材を使用、または狂う前提で対策する
  • 長時間のバイクに慣れる

 

逆に今回良かったところはこの辺りです。

  • 1週間前から練習量を落としてピークを上手く合わせられた
  • お腹に巻いた断熱シートが効果絶大だった
  • 足を使わない落ち着いたスイムができた
  • バイクもランも綺麗にビルドアップの展開ができた

 

断熱シート参考記事

Triathlon Lumina

田中敬子が欠かさない「100円ショップ」レース防寒対策アイテム

 

それから初アイアンマンのケアンズに向けて、

  • 1’40″サークル (1’30″/100m) のインターバルを10本以上泳げるようになる。
  • 210Wで5時間以上バイクを漕げるようになる。
  • 疲れていても4’30″/kで3時間以上ランできるようになる。
  • 練習で試した上で長丁場の補給作戦を決定する。

 

補給作戦以外は僕にはかなりの難易度です。

逆にこれらができればケアンズでのコナゲットも見えてきます。

 

特にバイク5時間がつらい、、

これまで時間、距離耐性をつけるべく練習してきましたが、

まだ3時間を越えると急激にヘロヘロになってしまいます。

 

ロングの経験のなさがバイク、ランの後半でそれぞれ響いてきそうな予感です。

できる範囲でしっかり準備していきます。

 

ケアンズの目標は9時間50分、

コナのボーダーは9時間25分くらいなので、

どこかで30分縮められたらスロット獲れるかも。

たまたまで縮むタイムではありませんが、柳州よりはコナに近づけるはず、、

 

3. パーティー

初ハーフアイアンマンなので、アワードパーティーも初でした。

 

初めてのアワードパーティー

 

豪華な会場にそこそこな食事。

プロ、エイジ、ボランティア、スタッフみんなが主役のアイアンマン。

コナ獲得に沸くトップアスリート。

あと一歩の悔しい思いをする上位エイジグルーパー。

スタンディングオベーションを受ける最年長完走者。

それぞれにそれぞれのストーリーがあるのがアイアンマンなのだと感じます。

近いうちあの表彰台に立ちたい。

 

M30-34の表彰

 

まとめ

実力を出し切れたのに世界との差はまだ厚く、コナの難しさを思い知った柳州でした。

次は6月のケアンズ。

初アイアンマンではありますが、コナ獲得への道筋が見えるようなレースにできるよう準備します。

 

IRONMAN 70.3 Liuzhou

 

前編はこちら

 

4/14 IRONMAN 70.3 Liuzhou レースレポート後編” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です