12/16 コナチャレ館山合宿2日目

12/16 コナチャレ合宿2日目です。

この日も寒め。

  1. バイクコントロールのうまさ
  2. ヘトヘトのランの走り方
  3. コナチャレ合宿一番の学び

 

コナチャレ合宿

 

1日目はこちら

 

1. バイクコントロールのうまさ

この日のテーマは “ペース感覚” です。

バイクを約7kmずつ、W数を上げながら一定ペースを刻みます。

 

140W → 170W → 210W → 240W

を目安に漕ぐ竹谷さんに、みんなでドラフティングにならない間隔で着いていきます。

 

気付きがあったのは最後の240Wのとき、

竹谷さんの後ろで千切られないように必死で漕いでいたところ、

  • 平坦 → 着いていける
  • 上り坂 → 着いていける
  • 下り坂 → 着いていける
  • 風が吹く → 着いていけない!

 

風に煽られたときにいつの間にか差が開きます。

1日目にDHポジションを崩さないことを覚えたのに、それでも明らかな速度差があります。

(参考:12/15 コナチャレ館山合宿1日目

 

力加減は変えていないはずなのに一体この差はどこから、、

 

合流してから聞いてみると、

「風が来る方向を予想して、体重を預けて力が釣り合うようにする」

とのこと。

 

え!風見えるの!?能力者!?

と思ってしまいましたが、木や葉っぱなど前方の揺れる物体である程度予想できるようです。

長年の経験がなせる職人技、、

 

僕が風に煽られて、こらえながら体勢を立て直しているうちに、

竹谷さんは外見上は、風の影響を受けることなく進んでいるのだからスピードに差が出るのは当たり前です。

風見えるようになりたい。

 

2. ヘトヘトランの走り方

ランでもテーマは “ペース感覚” です。

目標レースペースに対して15秒/k速いペースから始めて、2kmごとに15秒/kずつ遅くしていくビルドダウンの練習です。

だんだんペースを上げるビルドアップはよく聞くけど、ビルドダウンとは珍しい。

 

僕の場合はこのように設定しました。

4’15″/k → 4’30″/k → 4’45″/k → 5’00″/k

 

狙いは “ペースに合わせて必要な筋肉を動員すること” です。

1日目に歩くと走るの違いについて教わったのですが、

ペースを遅くするにつれ、走るフォームから歩くフォームに近づけていきます。

(参考:12/15 コナチャレ館山合宿1日目

 

まずはいつもの感覚でランニング。

2kmで骨盤で逆脚を押し出す感覚を緩め、

4kmで前脚の荷重を少し弱めて、

6kmでさらに弱めます。

 

ここまで来ると脱力したジョギングという感じ。

 

いつでも万全なときのフォームで走るのではなく、

残り体力に合わせて使う筋力を抑える “省エネな走り” が大切といいます。

元気なフォームが保てなかったら終了、ではなく、

ペースが落ちてくるなりに食い下がるあの手この手が大事なようです。

 

3. コナチャレ合宿一番の学び

合宿一番の学びは意外とコナチャレの外にありました。

館山の合宿定番宿泊施設、ファミリーオ館山には別のトライアスロンチームも合宿に来ていました。


そこでコナを獲った知り合いの方がいたので立ち話。

 

僕「コナおめでとうございます!さすがです!」

Nさん「実力はまだまだだけど運が良かったかな」

僕「スイム短縮はラッキーだったんですかね」

Nさん「スイムは得意じゃないからそれも良かったと思う」

僕「いやー、本当にコナ獲れて良かったですね」

Nさん「まあ、この1年間はコナに捧げてきたからね、、」

 

普段は謙遜が多いこの方の “コナに捧げてきた” としみじみ発する言葉の重み。

コナのためにはこの重みが必要なのか、、

体力や技術の前に「絶対に獲る」というこの覚悟。

カッコ良くて震えます。

 

こんな重みを体現できるようになりたい。

絶対に獲る。

 

まとめ

テクニックから覚悟までたくさんの学びがあったコナチャレ合宿。

普段ひとりで練習することが多いですが、新たな気付きを得るためにたまには合宿も良いものです。

 

コナチャレ合宿

 

1日目はこちら

 

12/16 コナチャレ館山合宿2日目” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です