FTPはバイクの戦闘力 – EndureLifeでの測定①

コナチャレ企画の施設のひとつ、EndureLifeに行ってきました。

久しぶりに輪行しました。

  1. EndureLifeについて
  2. 測定メニュー
  3. バイクフォーム修正の難しさ

 

コナチャレ

 

1. EndureLifeについて

EndureLifeは「生涯現役」を掲げるスポーツカンパニーで、持久系競技のサポートを行っています。

代表はコナチャレのプロジェクトリーダーである竹谷賢二さん。

Specializedの本社の1Fのショールームにあるため、Specialized一色です。

神奈川県厚木市にあります。

(2018年8月1日に川崎に移転しました)

コナチャレの他の施設に比べるとのどかです。

 

Specializedが口を開けて待っている

ロゴかっこいい

高そうなバイクがずらり

 

EndureLife

 

2. 測定メニュー

“AT値でのFTP” というものを測りました。

FTP (Functional Threshold Power) は1時間で全力で漕いだときの平均ワット数です。

この数値が自分の実力の目安となるのですが、なにせ1時間全力なので心臓バクバク、呼吸ゼエゼエとなります。

ロングではそんな状態で競技することはないので、今回は心拍を一定値に保てる強度でのワット数を測りました。

なるほど。

 

そんな訳で “AT値でのFTP” です。

Sports Science Labで測ったAT心拍数を基準に、回転数90rpmで20分漕いで測定します。

僕の場合は162bpmです。

(参考:自分のランを数値化する – Sports Science Labでの測定①

 

注)後日聞いたのですが、一般的にランのAT心拍数とバイクのAT心拍数は異なるようです。

バイクのAT心拍数の方が低いことの方が多いそうです。

つまり、ランで162bpmならちょうど良いペースだが、バイクで162bpmだと頑張りすぎということ。

 

とにかく測定!

心拍を一度上げて、十分に身体を温めたところで20分間の測定を開始します。

20分心拍を維持できそうな強度を探っていきます。

 

強すぎてもだめ、弱すぎてもだめ。

 

自分が20分心拍を保てる強度だなんてよく分かりません。

 

回転数90rpmで無理なく楽に回せるところ、、

 

トレーナーさんがローラー台の負荷を調整してくれて、徐々に心地良く漕げる強度になってきます。

「心拍もワットも回転数も安定してきていますね、このままいきましょう!」

 

ひたすら回します。

 

長い、、

 

けど苦しくはない、、

 

しかし長い、、

 

汗もたっぷりかいたところで20分経過。

 

「お疲れ様でしたー」

 

結果は252W

体重が69kgなので、3.65W/kgということになります。

良いのか悪いのかいまいちピンときませんが、3.65覚えておきます。

 

心拍平均154bpm

回転数は90rpm

平均252W. フラットを目指して漕いでいるので画像に面白みがない

 

ちなみにプロロードレーサーの土井選手は、20分TTの出力が380Wで、6.4W/kgらしいです。

どうなってんの。

 

じてトレ

Team UKYOインタビュー第3弾: 土井雪広選手 vol.2 「土井選手のパワー・ウェイト・レシオ(PWR)や世界のトップ・プロのパワー」

 

3. バイクフォーム修正の難しさ

漕いでいるところを撮影してもらったため、早速フォームをチェックします。

 

 

うーん、、

 

なんていうか、、

 

こう、、

 

漕いでる、、

 

くらいしか分からない、、

 

身体のブレや前傾度合いは見て取ることができますが、その他フォーム改善のポイントが伝わってきません。

スイムで撮影したときとは大違いです。

(参考:スイム上達の最大の障壁 – AQUALABでの測定①

 

スイムでは、自分がやっているつもりのフォームと現実のフォームがかけ離れていて衝撃を受けました。

こんなにも違うのか、と改善ポイントをいくつも発見することができました。

 

しかしこのバイク。

シューズがペダルに固定されており、逆にバラバラのフォームで漕ぐことができません。

力を入れるポイント、タイミングに課題はたくさんあるはずなのに、動画撮影では見て取れません。

バイクのエコノミー改善は一筋縄ではいきません。

だからペダリング効率測定が大事になるのだと思います。

(参考:バイクで速くなるならインドアトレーニング!初めてのバイクレッスン

 

常にペダリング効率をチェックすることはできないものか、、

ということでパイオニアのパワーメーター検討中です。

この矢印出るやつ欲しい。

Pioneer ペダリングモニターセンサー

 

まとめ

踏む強さだけではなく、ペースコントロールやペダルを回す上手さが大事になってくるバイク。

そしてトライアスロンの中で一番競技時間の長いバイク。

パワーメーターを活用して正しく鍛えていこうと思います。

どのパワーメーターにするかはまだ検討中。

 

EndureLife

 

FTPはバイクの戦闘力 – EndureLifeでの測定①” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です