自分のランを数値化する – Sports Science Labでの測定①

コナチャレの企画での測定施設のひとつ、

”Sports Science Lab” に行ってきました。

前回のAQUALABのランニング編です。

(参考:スイム上達の最大の障壁 – AQUALABでの測定

  1. Sports Science Labについて
  2. いざ測定
  3. 結果とフィードバック

 

コナチャレ

 

Sports Science Labでの測定②はこちら

 

1. Sports Science Labについて

Sports Science Labはランニングの分析、トレーニングに特化した施設です。

細かな測定やフォームのアドバイスはもちろん、他の施設ではなかなか見られない低酸素室も備えています。

低地にいながら高地トレーニングができます。

スタッフ陣は5000mを13分台で走るような桁違いな人達ばかりです。

 

5km 13:40って、キロ2:44、、

 

信じられない速さです。

 

そして表参道という好立地。

おしゃれすぎてランナーがいるところではありませんが、、

 

Sports Science Lab

 

2. いざ測定

受付を済ませたら測定準備に移ります。

身体にあれこれ装備をつけていきます。

 

まずは心拍計ベルト。

初めて装着しました。

特に違和感なし。

 

次にマスク。

ガスマスクのようなものを装着します。

これで吐いた息の酸素を検出します。

吸った酸素に対して、吐いた酸素がどれだけ減っているかを調べることにより、体内に吸収した酸素量を計算できます。

1分間で、体重1kgあたり、何mLの酸素量を体内に取り込めるか。

いわゆるVO2maxってやつです。

ガスマスク

 

トレッドミルの上に乗り、ガスマスクにチューブを接続します。

 

最後に命綱(取れたらトレッドミルが自動的に停止)をつけて準備完了!

測定を開始します。

 

まずはウォーキングの速度でゆっくりと。

目の前の画面には時間と共に心拍数のグラフが描かれていきます。

 

科学実験みたいで面白い!

まさにサイエンスラボ。

 

一定時間ごとに徐々にスピードを上げていきます。

ジョグのスピードになり、レースペースになり、

 

これはきつい、、

 

ここからですよ!と応援してくれるスタッフさん。

 

もう結構しんどいんですけど、、

 

さらにスピードは上がり、いよいよ短距離走の世界。

 

こんなダッシュは久しぶり!

うおおお、、!

 

「速度上げます」

 

もう無理、、

 

ものの十数分であえなく撃沈。

トレッドミルを止めてもらいます。

 

走るって大変。

 

3. 結果とフィードバック

マスクをつけてトレッドミルを十数分走っただけですが、色々な数字が分かります。

心拍162がキーワード

 

心肺能力、フルマラソン指標、ジョギング指標とありますが、注目すべきはフルマラソン指標のAT値です。

 

AT値心拍数:162

AT値走速度:4’28”

 

フルマラソンを走るなら、心拍数162を保って走ると自己ベスト。

キロ4:28を保って走ると自己ベスト。

 

走った結果から、適正心拍、適正ペースを割り出せます。

これはとても大事なデータです。

 

レース中に心拍162を超える時間が長いと、その先で失速する可能性大です。

レースの中で ”無理をする” というのは、”心拍162を超える” ことを指します。

 

フルマラソン3:07:39はイメージ沸かない、、

 

また、5000m、10000m、ハーフマラソン、フルマラソンの記録目安も出ます。

5000m 19:36はいける気がするけど、フルマラソン 3:07:39はいける気しない、、

測定で分かるのは心肺能力や脚力で、筋持久力や脂肪燃焼はまた別の話のようです。

 

キロ4:11を無限にできるようになりたい

 

トレーニング強度も数字で分かります。

 

最大出力を高めるレペティションであれば、400mを86秒のペース

無酸素での能力を高めるインターバルであれば、1000mを3:51のペース

AT値付近の能力を高めるペース走であれば、10km程度をキロ4:11のペース

有酸素のスタミナを養成するエアロビクスであれば、20km程度をキロ5:00前後のペース

 

これまでどんなペースで走れば、どんな強度の練習になるのか正直分かりませんでした。

ダッシュか、7割か、ゆるめか、くらいしか区別していませんでした。

 

自分が積むべき練習の負荷が数字で見えるのはとても有用です。

ロングに向けて、当面はキロ4:10のペース走を多めに積むことにします。

 

心臓、脚、美しさ

 

最後に、持久系競技の能力3要素です。

 

VO2max = 心肺機能の強さ

AT値 = 脚力の強さ

ランニングエコノミー = フォームの美しさ

 

結局全て鍛えなければならないということなのですが、強い心臓、肺、脚は当然大事。

そして効率良く進むフォームも同じくらい大事です。

 

今回フォームについては特に発見がなく残念でした。

フォームが悪くないとしたらなぜ膝が痛くなるのやら、、

 

まとめ

ランにお悩みの方は、一度測定して自分のランの現状やトレーニング内容を見直してみてはいかがでしょうか。

自分のランを数値化すると、レースでのペース管理やトレーニング強度の調整がとてもやりやすくなりますよ。

 

Sports Science Lab

 

Sports Science Labでの測定②はこちら

 

自分のランを数値化する – Sports Science Labでの測定①” に対して 4 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です