6/17 2018東京都トライアスロン渡良瀬大会(さよならローザンヌ編)

お久しぶりです。

少し時間が経ってしまいましたが、渡良瀬トライアスロンに参加してきました。

オリンピックディスタンスでJTUのポイントを狙いに行く勝負レースの位置付けです。

  1. 勝負レース
  2. レース模様
  3. 今後に向けて

 

第29回2018東京都トライアスロン選手権大会  2018東京都トライアスロン渡良瀬大会

 

1. 勝負レース

この渡良瀬トライアスロン、今年のオリンピックディスタンスで唯一年代3位以内を狙えそうな勝負レースです。

これまでのODレースの年代別の成績は

  • 石垣:中止
  • 横浜:5位
  • 潮来:4位

 

と3位まであと一歩。

そして今年のJTUポイント対象のODレースは、残すところこの渡良瀬のみです。

背水の陣。

(参考:2018年出場レースとピーキング

 

スタートリスト上では、2人には勝てなそう。

あと2人は死に物狂いでやれば何とか戦えるレベルです。

ギリギリの戦いです。

 

何とか3位を獲りたい。

 

2. レース模様

5月の三連戦から、休んで、追い込んで、休んで。

コンディションは良好です。

スイムとバイクは確実にビルドアップ、ランはガンガン無理する作戦です。

 

<スイム>

スイムは貯水池を375m行って帰って、2往復するコースです。

足元も見えなければ、手元も見えません。

噂には聞いていましたがなかなかの濁度。

 

スターターを務めた板倉町長の栗原さんからも

「普段泳ぐことはない池ですが、勇気を持って泳いでください」

と謎の激励。

 

空気も温まったところでスイムスタートです。

 

波はなく、特段寒くもなく、とても泳ぎやすいコンディションです。

穏やかだったため、大きなフォームを意識して泳ぎます。

 

潮来のようにバトルが始まらないように、接触したら大きく前に出るか、斜め後ろでドラフティングして対処します。

悪くないレース展開。

 

折り返してしばらく泳いでいると、徐々に左にコースアウトしてしまいます。

真っ直ぐ泳いでるつもりなのにな、、

 

またしばらくして気がつくと左に。

真っ直ぐ泳げない、、

 

そんなことをしている間に後ろのウェーブの人に抜かれ始めます。

 

ウェーブの間隔は2分で、1往復しないうちに抜かれたということは、、

 

速い人と6分以上は差ついてるな、、

 

速い人が20分で上がるとしたら、今のところ27分くらいのペース?

 

と余計なことに考えを巡らせます。

 

その後も左に逸れては戻るジグザグな泳ぎになってしまいます。

8ストロークに1回ヘッドアップを入れているのですが、それでは足りなそうです。

自分の泳ぎ方も悪そうですが、、

 

今日もスイムのタイムは期待できないか、、とスイムフィニッシュ。

28:25(58位)でした。

 

<バイク>

ここからが勝負!と張り切ってバイクスタート。

池の平坦コースを5周するTTバイク向けなコースです。

勝負レースなだけに、3つの対策をして臨みました。

 

対策その1:ヘルメット

チーム内でエアロヘルメットがブームになっていたので、便乗して買ってしまいました。

その名もAERO-R1!!

Kabuto AERO-R1

 

軽い!

涼しい!!

エアロ効果!!!

 

とチームも大盛り上がりのヘルメットです。

さらばAmazon最安値(これもカブトですが)。

 

対策その2:DHバーの角度

TTバイクのポジションには大満足していたのですが、ひじの角度は90度くらいが良いと聞き、角度を修正しました。

TTバイクデビューの横浜トライアスロン

 

デビュー時はバーが水平になるように合わせており、ひじの角度が直角より広くなっていました。

15度くらいバーを引き上げてみました。

 

対策その3:スネ毛

スネ毛を剃るとエアロ効果があるらしい、ということで剃ってみました。

剃り損では困るため、バイク速い方数名に聞いたところ、剃った方が良いらしいとのこと。

また調べてみると、Specializedの風洞実験では、脚の毛を剃ると40kmのライドで約70秒速くなるという結果が。

ほんとかな、、

 

十三峠十三分切り

【速く走るための風洞実験・エアロ効果①】身体各部の毛を無くすと?

 

これで速くなれそうです。

 

走ってみた実感としては、ヘルメットとスネ毛は空気を受ける感じではなく、流れる感じに変わりました。

そしてDHバー角度の調節により、自然な前傾姿勢が取れるようになりました。

これは大当たりです。

そのおかげか、最後までヘトヘトにならずに回し続けることができました。

 

好感触に喜びながら気持ち良くバイクフィニッシュ。

1:05:17(5位)でした。

 

<ラン>

ランはガンガン無理する作戦なので、真の本番はここからです。

幸いバイクの疲労も気にならず快調にランスタート。

 

スイムで出遅れてるから前に4人いるはず、、

ゼッケン番号の近い選手を見逃さないようチェックします。

 

2周回のコースの1周目。

キロ4分を超えないようにある程度のペースを維持して走っていきます。

ガーミンの表示はキロ3:50と3:55を行ったり来たり。

良いペースです。

 

心拍がじわじわ上がってきます。

 

しかし同年代の選手を一人も見かけません。

 

いったい何分差なんだろう、、

バイクで抜けるほど甘くはないはず、きっと前にいる、、

 

不安を感じながら2周目に突入しようというところ、

折り返しで同年代の選手を発見します。

 

やっと見つけた、、!

 

気持ち元気になって、さらにペースを上げていきます。

 

キロ3:45

これで5kmもつのか、、?

 

しかしこれは勝負レース。

絶対に負けられません。

 

じわりじわりと背中が近づき、残り約3km地点でパス!

 

あと一人!

 

ペースを維持し、残り2kmでもう一人も捉えます。

 

グッとペースを上げてパス!

勝利は目前!

 

ラスト1kmはペースを落としながらも執念のゴール。

大健闘です。

 

力を出し切ってランフィニッシュ。

38:38(9位)でした。

 

<結果>

気になる結果は、、

 

2:12:20(9位)

年代別4位

 

あれ、、

 

年代別4位、、?

 

ライバルの2人は抜いたのに、、

 

どうやら地元の速い人が潜んでいたようです。

これは想定外です。

 

最後のODポイントレースでも3位は獲れず。

レース内容は良かったのですが、、

うーん、残念。

30代の壁は厚い。

 

これで2019年のOD世界選手権出場はなくなりました。

まあコナを目指すので、来年はODに出ている場合ではないのですが、、

(参考:コナ目指します – KONA Challenge supported by MAKES

 

それでも出場権利は欲しかった。

さよならローザンヌ。

 

3. 今後に向けて

精一杯出し切ったと言えるレース内容ではありましたが、課題はたくさんあります。

次の宮島に向けて考えて鍛えます。

  • スイムがとにかく課題。チューブ引き、インターバル、フォーム改善、できることは全てやる。
  • スイムレッスンに行く。一人の練習では頭打ち。
  • ヘッドアップの頻度を4ストロークに1回に増やす。
  • 毎朝のストレッチと筋トレを当たり前にする。タバタタイマー復活。

(参考:筋トレ、ストレッチにはタバタタイマー

 

前回課題にあげた、ローラー台と長距離ブリック練習は始めています。

いい感じ。

(参考:5/27 第32回潮来トライアスロン全国大会(充実のレース編)

 

まとめ

バイク、ランの成長を実感しつつも、3位獲れずの悔しい結果に終わってしまいました。

引き続きミドルディスタンスやローカルレースにて表彰台を狙っていきます。

ご当地ラーメン食べたかった。

 

第29回2018東京都トライアスロン選手権大会  2018東京都トライアスロン渡良瀬大会

 

6/17 2018東京都トライアスロン渡良瀬大会(さよならローザンヌ編)” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です