第32回潮来トライアスロン全国大会(心の準備編)

横浜長良川ミドルに続き、5月三連戦の最終レースは潮来です。

今週末に向けて疲労の回復状態は良好です。

  1. 潮来トライアスロンについて
  2. コース
  3. スタートリスト

 

潮来トライアスロン全国大会

 

充実のレース展開編はこちら

 

1. 潮来トライアスロンについて

潮来トライアスロンは今年で第32回。

歴史ある大会です。

歴代のリザルトを見ると茨城県の松丸選手が勝ちまくり。

今年も参加されるようです。

 

エントリー費がお手頃価格で、スタンダードが14,000円です。

先日の横浜が25,200円であることを考えると、だいぶお得感あります。

 

アクセスも東京駅から車で約1時間半と好立地。

当日受付OKのため、都心から参加しやすい大会です。

 

2. コース

コースマップはこちら

 

スイムは750m×2周のコース。

バイクは8.4km×5周で42kmのコース。

ランは片道5kmを1往復のコースです。

 

バイクとランは平坦のスピードコース。

去年に比べて、バイクコースが2km伸びているようです。

スイムが冴えない僕としては、バイク比重高めのコースは歓迎です。

 

3. スタートリスト

スタートリストが発表されたので、いつも通りチェックします。

 

スタンダード参加人数は総勢322名です。

石垣横浜に比べて人数は少ないとはいえ、アクセスのしやすさから関東圏の強豪が集まりやすいです。

 

男性多め

男女比は87%:13%です。

長良川ほどではありませんが男性多めです。

石垣の81%:19%は珍しかったのかもしれません。

女性に人気の石垣島。

 

あまり情報読み取れず、、

年代別人数の分布を見たかったのですが、情報がウェーブごとにしか載っていません。

いつもと情報の細かさが違う、、

読み取れる情報があまりありません。

強いて言うなら40代が多いでしょう、というくらい。

 

関東の大会

東京、茨城、千葉、神奈川、埼玉、群馬、栃木

9割以上が関東からの参加です。

まさに関東の大会。

 

東京から車で近いのは関東の人には嬉しいですが、

遠方の方からすると、東京に行ってからまだ移動するのか、、

という感覚でしょうか。

 

M30-34の年代について

今回も強い方々たくさんいます。

総合入賞という程ではないが、総合10位~30位くらいに入ってきそうな選手がごろごろと。

先週の長良川で入賞した彼も出るようです。

うーん、、今月は安全運転に徹しよう。

 

レース対策

シーズン3レース目。

レースの感覚には慣れてきているはずなので、少し変化をつけます。

  • スイムはここ2レース余裕を持って終えられたので、今回は少し強度を上げる。
  • バイクは踏まずに回す回す。ひたすら平坦。
  • 当日の気温と風を見ながら、ボトルを減らすことも考える。長良川では2本積んだが、結局消費は0.5本分くらいだった。
  • ランは前半5kmは整えて、後半5kmで上げる。怪我には注意。

 

まとめ

勝負レースと位置付けている6月の渡良瀬に向けて、弾みをつけるレースにしたいです。

怪我なく気持ち良く。

ただしライバルには負けない。

楽しみです。

 

潮来トライアスロン全国大会

 

充実のレース展開編はこちら

 

第32回潮来トライアスロン全国大会(心の準備編)” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です