2018第8回長良川ミドルトライスアロン102(心の準備編)

横浜に続き2連戦となりますが、今週末の長良川ミドルトライアスロン102に参加します。

人生2回目のミドルです。

  1. 当選までの道のり
  2. コース
  3. スタートリスト

 

2018第8回長良川ミドルトライスアロン102

厳しい現実編はこちら

 

1. 当選までの道のり

今年の目標はミドルにも参加して、年代別表彰台に乗りたい!

(参考:謹賀新年

 

ということで長良川ミドルに早速エントリー!

エントリー開始日にページを開きます。

 

 

 

え、、?

 

 

 

 

うそ、、、?

 

 

 

 

うそー!!!

 

 

エントリー開始から1時間40分で満員御礼となる盛況っぷり。

そこまで人気大会だとは、、

確かにエントリー費安いけど。。

 

とほほ、と長良川ミドルの出場は諦めるのでした。

 

 

 

そこに後日、追加抽選の受付!

 

まだチャンスあり!

 

 

早速エントリー!

 

 

 

 

 

(沈黙)

 

 

まあ、見なかったことにしよう。

 

そして腹いせに(?)5/27の潮来エントリーも完了。

切り替えよう。

 

 

 

そしてまた後日、、

メールを開けると、、

 

 

 

 

復活、、

 

当選、、!?

 

 

って何、、??

 

 

何だかよく分からないままとりあえずエントリー。

 

結果、横浜 → 長良川 → 潮来の3連戦になってしまいました。

5月のテーマは安全運転になりました。

とにかく怪我しない。

(参考:2018年出場レースとピーキング

 

2. コース

スイムは長良川を片道500m ×2往復で2km。

バイクは川沿い13.3km ×6周回で80km。

ランは川沿い4km ×5周回で20km。

練習場のような、ひたすら平坦まっすぐなコースです。

TTバイクがとても活躍しそうな予感です。

 

会場は公共交通機関はないものの、名古屋駅から車で32分と、意外と出やすい立地です。

前日のひつまぶし楽しみです。

 

コースマップ・会場図

 

3. スタートリスト

恒例のスタートリストチェックです。

 

男だらけの長良川

男女比は89%:11%です。

なかなかむさ苦しい戦いになりそうです。

 

45-49歳がぶっちぎり

年代は40-54歳の参加者がピークです。

ミドルはショートに比べて年代高いですね。

(参考:2018ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会(心の準備編)

 

関西人気

愛知、大阪、兵庫がトップ3です。

関西の人気大会といったところでしょうか。

関東からの参加は少なめです。

 

M30-34の年代について

ロングやミドルのレースで1位を獲っている方々、

ショートのレースで年代上位に入っている方々、

想像以上にレベル高い、、!

これは付け入る隙がなさそうです。

安全運転でいきます。

 

レース対策

”怪我しない” が第一優先ですが、できることは対策しておきます。

  • 波は少ないと思われるので、大きなストロークで泳ぐ。
  • バイクは2時間以上の長丁場になるので、水分、カロリー、ミネラルの補給を時間で区切って計画的に行う。
  • TTバイクが楽しみ!
  • ランは膝発症しないように、エイドで立ち止まったりストレッチしたりする。休み休み。
  • チームの人と盛り上がる!

 

まとめ

いつもの約2倍の距離。

怪我なく楽しく終えられますよう。

 

2018第8回長良川ミドルトライスアロン102

厳しい現実編はこちら

 

2018第8回長良川ミドルトライスアロン102(心の準備編)” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です