2018ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会(心の準備編)

今週末5/12(土)、13(日)に世界トライアスロンシリーズ横浜大会が開催されます。

毎年最大規模かつハイレベルな本大会。

今年はどんなレースになるのでしょうか。

  1. WTS横浜大会について
  2. エリート
  3. エイジグループ

 

ITU世界トライアスロン横浜大会

ついに開幕編はこちら

 

1. WTS横浜大会について

5/12(土)にエリートのレース、5/13(日)にエイジグループのレースが行われます。

毎年猛者が集まるハイレベルなレースです。

(参考:2018 JTUトライアスロン エイジグループランキングはこう見る!

ハイレベルすぎて正直順位は期待できませんが、地元横浜のため去年に引き続き迷わず参加です。

 

山下公園を全力で満喫できる観光コースです。

(お世辞にもきれいとは言えない湾も含めて、、)

レース後は中華街も楽しめます。

 

2. エリート

エリートのスタートリストはこちらです。

 

女子一番の注目は、なんといっても Flora Duffy 選手。

2017年の横浜大会でも、4/28(土)のバミューダ大会でも優勝に輝いています。

2017年ITUランキングの年間チャンピオン。

Gwen Jorgensen 選手の次の女王です。

 

女子日本代表は上田藍選手、佐藤優香選手、高橋侑子選手、井出樹里選手、瀬賀楓佳選手、久保埜南選手の6名です。

 

注目は高橋選手で、先日4/28(土)にWTSバミューダで日本人最高位の5位を獲っています。

そしてSCOTTカッコいい。

高橋侑子選手(TAKAHASHI YUKO Supporter’s CLUB より)

 

5/6(日)の成都のワールドカップで3位を獲った瀬賀選手も勢いに乗っています。

6日後にレースとは過酷。。

瀬賀楓佳選手(2018 JTUニュースリリース より)

2018 JTUニュースリリース

瀬賀楓佳3位!ITUトライアスロンワールドカップ(2018/成都)結果

 

男子注目は Mario Mola 選手。

2017年ITUランキングの年間チャンピオンです。

 

男子日本代表は古谷純平選手、小田倉真選手、細田雄一選手、前田凌輔選手、石塚祥吾選手の5名です。

 

去年は大雨でしたが、今年は晴れると良いですね!

今のところ天気は悪くなさそうです。

 

3. エイジグループ

スタートリストはこちらです。

エイジグループスタンダードはなんと全1,239名の参加です。

9Waveに分けてスタートします。

すごい人数、、9Waveって、、

 

詳しく見てみます。

 

男女比は85%:15%です。

石垣島より男性比率がやや高いですね。

(参考:石垣島トライアスロン2018(心の準備編)

 

35歳から54歳までがピーク

年代別人数は35-54歳がピークです。

80歳で参加される元気な方もいらっしゃいます。

 

やはり関東がメイン

横浜大会だけあってJTU登録地は神奈川がトップです。

愛知からの方も多いですが、ほとんど関東圏が占めています。

 

M30-34の年代について

去年ほどではありませんが、ランカーが多いため厳しい戦いになりそうです。

ちなみに去年は上位6名のうち、5名がM30-34でした。

恐ろしい。

 

レース対策

去年の反省を活かして少しでも早くゴールできるように対策します。

(参考:5/14 世界トライアスロンシリーズ横浜大会

 

  • スイムは波があったので小刻みのストロークを意識する。
  • ウェットスーツ内に水が溜まってブヨブヨしないように注意する。今年もアップに時間が取れないと思われるので、無理に水を通さない。
  • バイクはコーナーが多いので、コーナー後に踏み込んでできるだけ失速を抑える。
  • ランは400mくらい短いはずなので、そのつもりでビルドアップする。

 

まとめ

エリート、エイジと話題盛りだくさんのWTS横浜大会。

最近また寒くなってきていますが、週末は暖かくなりますように!

 

ITU世界トライアスロン横浜大会

ついに開幕編はこちら

 

2018ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会(心の準備編)” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です