慣性の法則と地図

今日は慣性の法則の話です。

ただし、慣性の法則といっても物理の話でもなければ、競技テクニックの話でもありません。

習慣の話です。

今まさに感じている体験談です。

  1. トレーニングと心境変化
  2. 慣性の法則
  3. 地図を作る

 

1. トレーニングと心境の変化

この日からやる気を出して6日間。

6日坊主(スイム)

6日坊主(ラン)

 

今のところ順調に毎日トレーニングを積んでいるのですが、心境に変化が訪れているのを感じます。

こんな風に変化してきています。

トライアスロンしたことある方は感覚的に分かるかもしれません。

 

1日目

「うおお!おれもやるぞ!」

2日目

「今日も彼らは頑張っているはず!やるぞ!」

3日目

「そろそろ休み入れようかな。いや、やろう!」

4日目

「1日くらい休んでもいいかな。いや、やっておこう。」

5日目

「ちょっと無理して行くことにするか。」

 

(あれ、もしやちょっとタイム上がってきた、、?)

 

6日目

「なんだかやらないと気持ち悪いな、行くか。」

 

そう、プールに行かないと気持ち悪い、走らないと気持ち悪い、と感じるようになってきたのです。

歯を磨かずに一日を終えようとする感じです。

 

それからタイムが上がってきている感覚から、「明日はどうだろう」という期待感、高揚感があります。

この少ない日数でタイムが上がっているのは、過去サボってきてしまったからというだけではあるのですが。。

 

毎日30分×2種目と、同じようなことをしているのですが、日を追うごとに感じ方が変わってきます。

バイクについては聞かないでください。

 

2. 慣性の法則

止まった物を動かすには力が必要です。

しかし物が一度動き始めると、今度は止めるのに力が必要です。

動いた状態であれば、その動きを続ける方が自然なのです。

慣性の法則は習慣についても成り立つように思います。

 

我々の行動の多くは習慣に支配されています。

トレーニングを継続するには ”いつもしていること” の仲間入りをさせることが大事です。

 

続けることでさらに続けたくなる。

好き → 上手 → もっと好き → もっと上手のスパイラルに乗せる。

 

まとめてやるより、少しずつ続けてやる方が、心的ハードルがとても低いです。

習慣になったら勝ちです。

 

3. 地図を作る

そうは言っても続かないのが人間というもの。

 

僕も2017年シーズンに向けてのトレーニングはかなりの時間を捧げてきました。

(参照:レースまでの道筋を立てよう

しかし2018年シーズンに向けて、トレーニングの量が大幅に落ちていることは否めません。

 

シーズン終わりで休んだ拍子に、

仕事が忙しくて、

大きな環境変化に慣れなくて、

 

など言い訳を考えればきりがないですが、トライアスロンをないがしろにしたかった訳ではありません。

モチベーション、時間確保など、一生試行錯誤し続ける気もしますが、いったいどうすれば思うように続けられるのでしょう。

 

行動の出だしのハードルを下げる?

人から刺激を受ける?

綿密な計画を組む?

周りに宣言する?

未来日記にでも書いてみる?

 

どれも有効な気はしますが、昨シーズンと今シーズンで一番大きく違う点は、

 

「地図を作ったかどうか」

 

であると感じます。

 

去年は、

 

「備品をグレードアップして、トレーニングを期ごとに分けて、理論を勉強しながら、1日3時間練習したら日本代表になれるけど、やる?」

「やる!!!」

 

というようにはっきりした地図がありました。

(参照:レースまでの道筋を立てよう

 

それに対して今年は、

 

「まあ必死になってやらなくても何とかなる気はするけど頑張る!」

「目指すものがどれくらい難しいのか、どのくらい練習すべきなのかは分からないけど、とりあえず全力を尽くす!」

 

に近いものがありました。

地図のないこの状態でも、元気なうちは良いです。

しかしひとたび迷い始めると、

 

「あれ、今どこ、、?」

「方向や進んだ距離はあってるのかな、、」

「そもそも今何目指してるんだっけ、、」

「というかそこまで辿り着きたいんだっけ、、」

「なんだか疲れてきたぞ、、」

 

こんな調子であっという間に推進力を無くしてしまいます。

少なくとも僕の感覚はそうです。

 

すぐにだれてしまうと感じる方は、一度達成までの地図を描いてみて、

「で、やる?」

と自問自答してみると、推進力を取り戻せるかもしれません(もしくは意図を持って優先順位を下げられる)。

 

僕は当面のところは、この声に従います。

「頻度重視の練習を続け、次の1週間で身体を慣らし、その次の1週間で去年のレーススピードに追いつき、残り1週間でしっかり身体を休めてレースに臨めば、石垣島トライアスロンで年代別2位か3位に入れる可能性が高いけど、やる?」

「やる!!!」

 

まとめ

トレーニングをまじめに再開して感じた、慣性の法則と地図の話でした。

これは人によって感じ方、対策は異なると思います。

皆さんが本気のトレーニングを続けるために、各々どのように取り組んでいるのかお聞きしてみたいものです。

 

慣性の法則と地図” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です