第1回東京チャレンジハーフマラソンおそるべし

本日、第1回東京チャレンジハーフマラソンに参加してきました。

ハーフマラソンおそるべし。

  1. 東京チャレンジハーフマラソンについて
  2. キロ4
  3. 膝痛い

 

第1回東京チャレンジハーフマラソン

 

1. 東京チャレンジハーフマラソンについて

赤羽岩淵駅からすぐの荒川河川敷を走るローカルな大会です。

第1回ですが、協賛ついていたり、ゲストランナーがいたり、なかなか豪華です。

レーズンうまい。

カリフォルニアレーズン

 

木曜に雪が降ったので開催が危ぶまれましたが、前日にメールで開催通知が来ました。

良かった。

運営しっかりしています。

 

コースはほとんどフラットで走りやすそうです。

風もなく、曇りで日差しも弱く、気温も涼しく、タイムが狙えそうな環境です。

キロ4分で刻んで最後の5kmでペースアップする作戦で臨みます。

レース前の準備中

 

2. キロ4

元気なMCの声と共に一斉スタート!

交換ほやほやのガーミンをちらちら見ながらペースを調整していきます。

 

キロ4分、キロ4分、、

 

周りがペースを変えても、知り合いが前に行っても、ここは我慢です。

15km超えるまでは常に「キロ4」と唱えながら刻みます。

 

呼吸も心拍も乱れずとても良い調子。

これは後半のスパートに期待できます。

抜いたり抜かれたりしましたが、常にペースは一定です。

前回のデュアスロンで、輪ゴムがあれば周回数えられるので何とかなると書きましたが、ペースが計れる安心感は馬鹿にできません。

ガーミンすごい。

 

周回コースのスタート地点にある給水も忘れずに行いつつ、いよいよ最後の1周に突入します。

ここまで順調に一定ペースを刻んでいます。

良い調子。

 

15kmを過ぎ、心肺の余力も十分というところでペースアップ!

ピッチを上げて、キロ3:55まで加速します。

 

まだいけるかも、、?

 

キロ3:50にさらに加速!

 

ピキッ!!

 

(あ、やってしまった、、)

 

3. 膝痛い

左膝に強い痛みが出ます。

 

これは、知っているぞ、、

 

ランナー膝!

(参考:ランナー膝の防ぎ方

 

痛みが出てしまうともうダメです。

片足で跳ねるか、逆立ちでもしないとやっていけません。

 

今なら分かる、、

大腿筋膜張筋が凝り固まって、太ももの外側を通して繋がっている腸頸靭帯が、膝の外側で摩擦を起こして痛んでいる、、!

身体の中が手に取るように分かる、、!

 

とか考えながら、気付けばペースはキロ7分にダウン。

こうなると記録は狙えません。

最後の5kmの長いこと長いこと。

ペース上げる予定が大失速です。

1時間経過時点から大失速の図

 

腰回りの筋肉の柔軟性と筋力不足。圧倒的なランジ不足です。

ストレッチ、筋トレしないとなあ、と反省しつつゴールイン。

1時間36分49秒でした。

 

まとめ

日頃のストレッチ、筋トレ不足が身に沁みたハーフマラソンでした。

それでも課題が見え、やる気が出たので参加して良かったです。

長生きしたけりゃ銭湯だぜ!

by 全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会

赤羽岩淵駅近くの岩の湯さん。昔ながらの銭湯で、番台のおばちゃんがとてもフレンドリーでした。

 

第1回東京チャレンジハーフマラソンおそるべし” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です