覚醒せよ、わが身体。(①ドッグイヤー編)

覚醒せよ、わが身体。

 

八田益之さんの本です。

4年連続エイジ年代別No.1に輝き、KONAへの出場経験もあるまさに超人で、

ただならぬ体力以上に、考えてトライアスロンをする非常に頭の切れる方です(会ったことないけど)。

僕はこの方のブログでトライアスロンのスイムの何たるかを教わりました。

 

 

S字とI字、1軸と2軸、プルとプッシュ

 

それぞれの理論と時代の変遷、逆に不変なところも分かりやすく解説されています。

 

当時まるっきり素人だった僕は

「トライアスロンって持久力勝負の単調作業と思っていたけど、こんなに頭を使える競技だったのか!」

とえらく感動した覚えがあります。

 

そんな八田さんの書いた本ですが、大変売れて販売開始からわずか12日で第二刷が決定するという大快挙を成し遂げています。

一時アマゾンで品切れとなり手に入らなくなりました。

 

その代わりにWeb申込者にはご本人自ら発送されるという涙ぐましいご尽力。

 

そして遂に、、

 

届きました!(表紙裏にはサイン入り!)

ころんうさん?(表紙裏)

 

家宝にします。

 

覚醒したころんうさん(裏表紙裏)

 

数々のデータやインタビューを元に、ご自身のトライアスロンの理論や経験、熱狂を余すところなく書き尽くした本です。

書き尽くしたとか言いましたがまだ全部読んでません。

 

頷けること、唸ることだらけで本のドッグイヤーが大変なことになっています。

まだ4章のうち1章しか読み終わっていないのに良いペースで分厚くなってきました。

ざっと読んだ感じ、トライアスリートにしか分からない、ややマニアックな内容が多い印象です。

大変なドッグイヤー

 

気になるところをかいつまんで少しずつ紹介していきます。

とても長編になる予感です。

 

覚醒せよ、わが身体。(①ドッグイヤー編)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 著者です より:

    紹介ありがとうございます&熱烈に加工いただいて嬉しいです!
    dog-ear写真強烈で、私のFacebookで紹介させていただきました https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10210433254243342&set=a.1912044116487.2095785.1103416877&type=3&theater
    紹介ハビシンバシンと苛烈にお願いいたします笑

    1. korotora より:

      ご紹介いただきありがとうございます!
      八田さんご本人からのコメント、とても感激です。
      と同時にとても良い尻叩きになります笑
      適宜更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です